現代の葬儀観に合った納骨堂|納骨堂が人気の理由はここにある!費用や利用方法はどうなの?

納骨堂が人気の理由はここにある!費用や利用方法はどうなの?

現代の葬儀観に合った納骨堂

合掌する男性

宗教や地域により差がありますが、旧来の葬儀では菩提寺の近隣にある墓地に埋葬されるのが一般的でした。この習慣は現代にも受け継がれていますが、菩提寺を持たない世帯が増え、宗教観や経済的状況にも変化が生じたため簡素な葬儀を求める声が増加する傾向にあります。そこで注目されるようになったのが納骨堂です。納骨堂はその名の通り遺骨を納める場所で、墓地へ埋葬する前の一時的な保管場所として利用したり、墓地を不要と考える故人(あるいは遺族)により永代供養の場所として利用されたりしています。納骨堂の多くは広い敷地を持たず、収納棚のような設備に遺骨を安置します。いわゆる合同墓地ではなく、スペースが分けられていて位牌なども置かれているのが通例です。そのため一般的な墓と同じ感覚でお墓参りも可能です。

納骨堂のサービスや料金は施設により異なりますが、遺骨の収納スペースを広く用意するプランほど高額になります。永代供養料など、納骨堂の利用全般にかかるコストを抑えたいときは、よりコンパクトなスペースを選択するとよいでしょう。また、寺院(宗教法人)が運営する施設よりも公営の施設のほうが料金が抑えられる場合があります。利用する納骨堂を選ぶときは、利用料だけではなく立地にも注意してください。遠方にある施設に管理をお願いすると、お墓参りに時間や交通費がかかってしまいます。墓地と比較すると納骨堂は省スペースで運営できるメリットがあるため、都市部に建設されることもめずらしくありません。なるべく近い場所に納骨すると、お盆に限らず気軽にお墓参りができるのでいつでも故人に会いに行けます。