納骨堂を利用する際の注意点|納骨堂が人気の理由はここにある!費用や利用方法はどうなの?

納骨堂が人気の理由はここにある!費用や利用方法はどうなの?

納骨堂を利用する際の注意点

手を合わせる女性

納骨堂において仏壇式のメリットは個別の壇になっており、設置スペースも広いので、家族代々使うことができます。ロッカー式の納骨堂は同じ大きさのスペースのお壇がロッカーの様に設置されており、それぞれ個別で使う事ができるので、故人様専用のスペースとなり、身近に感じられます。機械式は専用のカードを通し、タッチパネルで操作するとご遺骨が自動でお参りのスペースに移動します。最近のお墓というイメージがあり、場所によっては休憩室や葬儀を執り行える広い会場もあるとこともあります。位牌式はロッカー式よりも費用がかからず、個別式となっているところがメリットです。合葬式は、棚があってご遺骨をご安置する様式で、5つの様式の中では一番費用を安く抑えることができます。

納骨堂の5つの様式において、それぞれデメリットや気をつける事もあります。仏壇式のデメリットは家族代々が利用できる事により、費用が他の納骨堂と比べて、高くなってしまう傾向があります。ロッカー式はその様式からコインロッカーを連想してしまい、印象が悪くなる人がいます。機械式はお参りの人がいらっしゃらない限り、ご遺骨が表に出る事がなく、寂しい印象を受ける人がいます。また、機械が故障した時には、お参りができなくなってしまう事もあります。位牌式は骨壷が見れず、分骨するケースが多いです。また、安置スペースは他の人のご遺骨と一緒というケースが多いです。合葬式は他の人のご遺骨と一緒に供養するため、ご遺骨の引き取りや改葬ができません。 費用だけでなく、自身に合った納骨堂や、雰囲気などをご自身で確認して決めるのが良いです。